おいしすぎる葉酸サプリに要注意

おいしすぎる葉酸サプリに要注意

ほうれん草も大豆もアスパラガスもおいしいですが、その中に含まれる葉酸の味は、おいしいかおいしくないかで言えばおいしくはありません。

 

これという味こそないものの無味の中に野菜由来植物由来の、例えるなら草のような土のような風味があり、今どきのうまみのある野菜に慣れている現在人には、その野性味あふれるインパクトは強烈な刺激になります。

 

葉酸サプリの形になってもそれは変わりません。

 

それでもメーカーは葉酸の持つ不味さを少しでもライトなものにするために、様々な工夫を凝らしてサプリメントの開発に熱を注いでいます。

 

工夫は実を結び、水を使えばほとんど味を感じないままに、私たちは葉酸サプリを飲むことができるようになりました。

 

しかし中には飲みやすさを超えて、あまつさえもおいしいと感じさせるような製品も登場しています。

 

それが身を削るような試行錯誤の末に得られた成果ならいいのですが、安易に人工甘味料や香料を使って口当たりよく、さらには着色料まで使って見た目もラムネ菓子のように見せるメーカーも現れています。

 

おいしさがサプリとしての価値を決めるわけではありません。

 

おいしすぎる葉酸サプリには注意し、他に魅力ある本当に良質なサプリメントというものを探していくべきです。

認知症と葉酸サプリの関係

 

認知症は、年を取るとほとんどの人が心配をする病気となっています。

 

認知症にならないように、毎日の生活を気をつけて暮らしているという人も多いですね。

 

最近ではそんなことに対応して、認知症を予防することが出来る食品を取ることも推奨されるようになりました。

 

そんな食品の中に、葉酸があります。

 

その葉酸は、認知症の一つのアルツハイマー病と関係があると言われているのです。

 

そのアルツハイマー病というのは、ホモシスティンの増加により、引き起こされると言われているからです。

 

そして葉酸は、そのホモシスティンが増えることを防止する働きがあるのです。

 

そのため、葉酸を取ることが勧められています。

 

葉酸は、食事の中で取ることがむつかしいと思っている人は、葉酸サプリがおすすめです。

 

特にお年寄りは、食が細くなることが多いです。

 

必要な栄養素を、体の中に取り込むことがむつかしい時もあります。

 

そんな時には、サプリを利用しましょう。

 

食事で補うことができれば一番いいのですが、それがむつかしいと思っている人は、葉酸サプリで補うことをおすすめします。

 

年をとっても、生き生きとした生活をしたい、認知症を予防したいと思っている人は、積極的にとってほしいサプリとなっています。