葉酸サプリに副作用はあるのか

葉酸サプリに副作用はあるのか

妊娠初期の必須栄養素である葉酸サプリを飲みたいとお考えになられている妊婦さんはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし実際のところ、やはり赤ちゃんの事を考えれば副作用のあるものというのは避けたいですよね。

 

この葉酸サプリというのは副作用はあるのか、気になるという方もきっと大勢いらっしゃると思います。

 

ですから実際のところどうなのか、簡単に説明をしていきたいと思います。

 

葉酸というのは基本的に摂取量が多いと尿となって排出されるものです。

 

なので、あまりにも飲み過ぎてしまうですとか、あまりにも質の悪いものを飲んでしまうという事がなければ、葉酸サプリの副作用はないと言えるのではないでしょうか。

 

副作用を気になさる方は、やはり容量以上の葉酸サプリは飲まないという事が大切になります。

 

また、信頼ならないような葉酸サプリを選ばないという事も同様に大切になってきますから、是非とも覚えておくようになさってください。

 

葉酸サプリを摂取したいと思っている方、葉酸サプリに副作用があるのか気になっているという方々にとって、上記の事が参考になればと思います。

 

葉酸サプリは上手に活用をすれば体に良い影響を及ぼしてくれますから、是非試してみてください。

食品からの葉酸と葉酸サプリ

 

葉酸を摂取する方法としては食品に含まれている葉酸の「ポリグルタミン酸型葉酸」と葉酸サプリに含まれている葉酸の「モノグルタミン酸型葉酸」を摂るという二つの方法に分別されます。

 

もちろん、厚生労働省が推奨する葉酸摂取量の400マイクログラム以上を食品から摂ることができればそれに越したことはありませんが、ビタミンとしての「ポリグルタミン酸型葉酸」は水に溶けやすい水溶性ビタミンのため食品から摂ろうとすれば水に浸したり熱を加えたりする調理の段階で失われてしまうことが多くなってしまいます。

 

その上、体内での吸収率が50%に満たないということで必要な量を食品から摂取することは難しいのです。

 

そこで、厚生労働省などは葉酸摂取量を確保するという意味から葉酸サプリから「モノグルタミン酸型葉酸」を摂ることを推奨しているのです。

 

「ポリグルタミン酸型葉酸」も食品から吸収された場合には葉酸サプリから摂る「モノグルタミン酸型葉酸」に変換されます。

 

ただし葉酸サプリの「モノグルタミン酸型葉酸」にも食品から合成された葉酸と化学物質から合成された葉酸が存在しますので、基本的には食品から合成された葉酸を含む葉酸サプリを利用する方が良いのです。